また浅はかな罪を

0

    家に帰る途中の大通りで、何かお祭りのような催しものが開かれている様子。

     

    私は運転免許を持っていないんだけど、なぜか旧知人のバイクを借りて乗っている。

    初めて運転するから、なんか重心をどうとったらいいか、ちょっとフラフラする。

    でも、「ああ、こんな感じね。」って慣れてくる。

    向こうからパトカーが来た。

    特に呼び止められることもなく、通過。

     

    多分100〜200mくらいしか走っていないんだけど、

    催し物で交通規制をしているのか、臨時の駐輪場というところにバイクを停めることに。

    でも、駐輪場はいっぱいで停められるところがない。

    私は駐輪場の横にある木造の倉庫みたいなところの中に入って、その中にバイクを停めた。

    近くにガソリン?が置いてあって、心の中で「これに引火したらバイクが燃えちゃうなあ。」

    と思った。

    そして「バイクを借りて、数百メートル移動してしまい、ここに停めてあることを旧知人にちゃんと伝えなくちゃ。」と思う。

     

    その後、家に帰ってスマホを出しているんだけど、なぜだかその人には電話をかけない。

    もうずっと会っていない人で、かけるのをためらった??

    「早く伝えないと、困ってしまうだろう。」と思って焦るのに、かけない。

    きっと旧知人は、警察に盗難届を出しただろう。

     

    あれ?旧知人に申し訳ないって思っていたけれど、

    そもそもぼくは免許持っていないのにバイク運転しちゃって、その時点で犯罪じゃないか。

    加えて「窃盗罪」もついてしまうのでは。

     

    あー!!これはクビ(懲戒免職)じゃないかー!!!

     

    おしまい。

    バイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイクバイク

     

    昨日、自転車で帰る際、残雪が凍結して凸凹になった道を、よせばいいのに

    「やってやるぜ」ってしちゃったんですよね。

    それが、バイクに乗る→ふらふら〜ってやつでしょう。

     

    JUGEMテーマ:夢日記。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM